いよいよ開催目前!ファミリeフェス

2022.8.2

ファミリeフェス 8月5日(金)開催

FeRC初の福岡市開催イベント【ファミリeフェス】いよいよ5日開催します!

▷イベントUR https://family-efes.com/

▷開催日時 2022年8月4日(木)16:00~18:00 事前招待客、各メディア向けイベント
8月5日(金)11:30~18:00 一般開放

▷会場 esports Challenger’s Park(チャレンジャーズパーク)

    福岡市中央区渡辺通4-9-25天神ロフトビル8F  MAP

▷参加費用 無料

▷主催:Kyushu Famil ‘e’ sports Fes実行委員会(作花浩聡会長)
 共催福岡eスポーツリサーチコンソーシアム( FeRC)日本コンベンションサービス株式会社

▷メインスポンサー QTnet  

▷協賛 株式会社しのざき不動産

    フジアート株式会社 / 大原ちか眼科 / ロート製薬株式会社 / msi(エムエスアイコンピュータージャパン株式会社)

    メガネのヨネザワ / クリア電子株式会社   / 株式会社トーヨーフィジカル 

▷後援 豊前市、福岡市、西日本新聞社、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、RKB毎日放送、九州朝日放送、福岡天神医療リハビリ専門学校、西日本工業大学、福岡国際医療福祉大学、九州医療専門学校、九州産業大学、福岡デザイン&テクノロジー専門学校

テーマ-eスポーツによる持続可能な未来社会-

参加は事前登録制!

当日のご来場参加は事前登録制です。下記urlから必ず参加登録をお願いします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/027jfga5qkg21.html

福岡発のeスポーツサイエンスイベント

日本におけるeスポーツの健全な普及促進に向けて、ちいさなお子さまとそのご両親、高校生をはじめとした学生たちなどのeスポーツにアクティブな層や、さらにはお年寄りまで。
幅広い年齢層の方が家族で楽しみながら正しいeスポーツの知識を学び、体験して身につけるだけではなく、eスポーツを通じた交流人口の拡大による地域の活性化およびQOLの向上につながるイベントとすることを目的としています。
また、本事業はesports ×SDGsプロジェクトとして、esports ×医療、esports ×教育、esports ×地域の3つの分野との連携にも重きを置く福岡発のeスポーツサイエンスイベントです!
 
どなたでもご自由に参加いただけます!
実施時間内であれば、お好きな時にご来場可能です!
皆様のご来場をお待ちしております!
【パフォーマンス向上】世界のトップアスリートやeスポーツプレーヤーがトレーニングに採用するニューロトラッカー体験も!
自治体も注目する、eスポーツと脳科学の関係とは?トークセッションで楽しく学べます
(トークセッション)作業療法士が取り組むeスポーツとバリアフリー
眼のコンディションを分析せよ!視能訓練士とメガネ専門店による視力検査体験コーナー
鍼灸師が解説する ボディセルフケアと鍼灸コーナー

上記はイベントの一部です

詳細はイベントページをご参照ください 【ファミリeフェス】 https://family-efes.com/

続きを読む

日刊工業新聞 磯貝理事長インタビュー掲載

2022.5.26

日刊工業新聞2022年5月16日紙面 磯貝浩久理事長インタビューが掲載されました。

著者登場~『℮スポーツの科学』 科学的エビデンスで健全な発展後押し 磯貝浩久氏(九州産業大学人間科学部教授)

2021年12月に発売されたFeRC初監修本『℮スポーツの科学』(編著:磯貝浩久/西園秀嗣)についてのインタビューです。

℮スポーツを科学の視点で捉えた『℮スポーツの科学」は好評発売中!

Amazon購入ページは こちら

本出版の関連記事はこちら

続きを読む

【イベントレポート】eスポーツ科学体験会

2022.3.17

2022年3月13日(日)13:00~北九州市立ユースステーションにてeスポーツ科学体験イベントを開催しました。

3分でわかる動画はこちら

全国初?のeスポーツ科学体験イベント

FeRCではeスポーツをきっかけに関連する研究/職業/進学/医療/教育など様々な世界を体験できるイベントを展開してまいります。

おそらく全国初?かもしれませんが多様なeスポーツ研究団体FeRCらしいエデュテインメント(娯楽+教育)イベントを提供します。

“クロス”eスポーツに注目する参加者

中学生高校生を中心としながらも様々な方々にご参加いただきました。まずは北九州市立ユースステーションさん/FeRC作花会長からご挨拶。磯貝理事長からはFeRC初の監修本【eスポーツの科学】を紹介しながら、eスポーツを起点とした世界の広がりについてお話ししました。“クロス”eスポーツとは、医療×eスポーツ、地域創生×eスポーツなど様々な要素とeスポーツをかけ合わせる事で生まれる新たな世界観を指します。

FeRCが考えるSGDsは関連記事参照 https://www.ferc.jp/news/sdgs1225/

初開催ながら多くの皆様にご参加者が
eスポーツの科学について解説する磯貝理事長
ニワカレーシング登場

そもそもeスポーツってどんな感じ?ゲームに慣れ親しむ人は多いもののeスポーツはいま一つ馴染みがないという方が多いのも現実。

そこでFeRC参画のニワカレーシングから太田監督/堤口選手が登場。グランツーリスモで福岡から世界へを合言葉にJeGTなどに果敢にチャレンジするチーム説明ののち、第一線で活躍する堤口選手のドライビングをみんなで見学! 

協力/ニワカゲームス

左)太田監督 右)堤口選手
堤口選手のドライビングテクニック披露
小さな挑戦者をサポートする堤口選手

このあと、参加者はチームごとにグランツーリスモにチャレンジ!想像以上に現実的な走行が求められることがわかり大いに盛り上がりました。グランツーリスモはF3プロドライバーを輩出するなど、ゲームではないドライビングシミュレータとしての高度な技術が求められます。ニワカレーシングの目指す世界観に参加者からも驚きの声が。

コンディションゾーン【視機能チェック!】

eスポーツは身体運動については限定的なぶん、「眼で見る」ことがとても重要。多くの保護者が「ゲームをやりすぎると眼が悪くなるのではないか」と心配し、eスポーツプレーヤーからも「眼が疲れる」という声が多く聞かれます。

FeRC参画の眼の専門家【視能訓練士】による視機能チェック体験(コンディションゾーン)を設置。ふだんなかなか体験する機会が少ない両眼視機能の専門家による眼科的な検査体験とミニ講演を行いました。 

 協力/潮井川修一先生(福岡国際医療福祉大学視能訓練学科)/一般社団法人みるみるプロジェクト

左)潮井川修一先生 右)平良美津子先生
眼の調節力酷使をチェックする機器測定
小さなお子様の眼のチェックも重要!
屈折値など自身のデータを見ながら解説
参加者からの質問に丁寧に応える潮井川先生

単に裸眼視力だけでなく“屈折値”などなかなか検査結果を知ることのない項目についてお知らせし、年1回程度の眼科受診の大切さや視能訓練士(国家資格)の存在についてお伝えしました。参加者からは「こんな丁寧な検査はじめて受けた」「眼の世界って奥深いんですね」「眼科に行ってみようと思います」など楽しみながら良くわかったと嬉しい声が上がっていました。

最新脳科学トレーニングNeuroTracker体験

パフォーマンスゾーンでは、スポーツ科学はじめ幅広い分野から注目されている脳科学トレーニングNeuroTracker体験を提供しました。スポーツ心理研究者である磯貝浩久教授(九州産業大学)による脳の認知機能の重要性とニューロトラッカーがリアルスポーツで広く活用されている状況のレクチャー後、皆さんに体験してもらいました。

協力/一般社団法人行動評価システム研究所(BASラボ)

NeuroTracker研究も手掛ける磯貝浩久教授のサポート
あらゆる年代に注目の複数対象追跡(MOT)トレーニング
アビスパ福岡ほかトップチームも導入

複数対象追跡(MOT)NeuroTrackerは、集中力の向上/感情コントロール/注意力の向上などが期待される最新の脳科学トレーニングです。モントリオール大学ジョスリン・フォーベー教授により開発され、世界中で研究やトップチーム活用が行われています。

体験し学びながら笑顔あふれるイベントに

参加者も運営側も楽しくあっという間の時間でした。エンディングではグランツーリスモ驚異のタイム記録者も!年齢性別経験の差を超え皆さんと一緒になれるeスポーツと科学の可能性をあらためて感じるイベントとなりました。

参加者皆さんに賞品も

感謝申し上げます

イベント開催にあたっては趣旨にご賛同され、準備から当日の運営までご一緒いただきました北九州市立ユースステーション様/里山を考える会の皆様に深く感謝申し上げます。

続きを読む

【イベント】3月13日北九州市立ユースステーション

2022.3.2

【eスポーツサイエンスイベント】参加者募集!

eスポーツサイエンス体験イベント開催

日時:3月13日(日)13:00~15:00

場所:北九州市立ユースステーション(北九州市八幡西区黒崎3丁目15-3)

対象:中学生/高校生

定員:10名(先着順の為、定員になり次第受付終了となります)

申込方法:3つのどれでも申し込みできます

1:電話(093-621-0132)
2:メール(info@kitaq-youth.com)
3:申し込み専用フォームはこちら

 

“eスポーツサイエンス” “Ⅹ(クロス)eスポーツ”を体験しよう

eスポーツは単にデジタルゲームによる競技という枠を超え、それを通じて様々な世界を知る/繋がることができます。

リアルスポーツ/健康・&医療/障がい者バリアフリー/スポーツ科学/地域創生etc…

〇〇×eスポーツ、と何かをかけ合わせる事で広がる素晴らしさ。

私たちFeRCは“Ⅹ(クロス)eスポーツ”をキーワードとして掲げました。

FeRCに参画する多彩な専門家がeスポーツサイエンスの立場から、幅広く皆さんに“Ⅹ(クロス)eスポーツ”を体験していただくイベントを開催します。

 

イベントコンテンツ①ニワカレーシング走行体験会

福岡市を拠点に世界を目指すeモータースポーツ【ニワカレーシング】が登場。太田監督・堤口選手(JEGT認定ドライバー)と共にグランツーリスモ走行体験が出来ます。現役プロレーサーを輩出するeモータースポーツの世界を体験してください。

協力:ニワカレーシングニワカゲームス

イベントコンテンツ②眼のコンディションチェック!

eスポーツで最も注目される“眼”。今のあなたはベストなコンディション見え方でしょうか?

両眼視機能の専門家である視能訓練士(国家資格)が、あなたの視機能をチェック。ふだんあまり体験することのない機会かも!?

eスポーツ/学習/部活動など各場面であなたの力を十分発揮できるコンディションとは?結果を踏まえたアドバイスも行います。

協力:福岡国際医療福祉大学潮井川修一先生/(一社)みるみるプロジェクト平良美津子先生

イベントコンテンツ③NeuroTrackerトレーニング体験

パフォーマンスとは、あなたの保有する能力のこと。勉強にもスポーツにもこの能力を高めるよう頑張っていますよね。

スポーツ科学では能力を鍛え高めるだけでなく、せっかく獲得した能力を最大限発揮できる【パフォーマンスの最大化】が重要視されています。

マンチェスターユナイテッドはじめ世界のトップスポーツチームが採用する脳科学トレーニングNeuroTrackerは、集中力/判断力/注意力を高め、認知能力を向上するトレーニング。eスポーツ界でも導入が始まっています。

NeuroTracker研究の最前線で活躍する磯貝浩久教授(スポーツ心理/九州産業大学)の解説のもと、トレーニング体験できます!

協力:九州産業大学磯貝浩久教授/(一社)行動評価システム研究所

定員になり次第締め切りです。ご興味のある中学生/高校生/保護者の方は、ぜひお申し込みください。

日時:3月13日(日)13:00~15:00

場所:北九州市立ユースステーション(北九州市八幡西区黒崎3丁目15-3)

対象:中学生/高校生

定員:10名(先着順の為、定員になり次第受付終了となります)

申込方法:3つのどれでも申し込みできます

1:電話(093-621-0132)
2:メール(info@kitaq-youth.com)
3:申し込み専用フォームはこちら

 

 

続きを読む

出展/スポンサー企業募集

2021.12.28

出展/スポンサー企業募集

eスポーツイベント“ファミリeフェス”に一緒にチャレンジする出展/スポンサー企業を募集しています!
 
イベントページ

エデュテインメントに挑むイベント

ファミリeフェスは、eスポーツサイエンスの新たな体験をつうじて、こどもたちに世界の面白さと広さを伝える日本初のイベントです。
スポーツを取り巻く人々には「する」「見る」「支える」のフェーズがあり、関連する人々はとても幅広いもの。
視能訓練士/作業療法士/鍼灸師/臨床心理士など各専門家による体験展示もあり、関連する職業を垣間見たり体験することができます。
楽しみながら学ぶ=エデュテインメント×eスポーツにチャレンジします。
eスポーツイベントを支える動画編集も体験
eスポーツ選手の高い能力をリサーチするスポーツビジョン測定も
認知症予防を期待するシルバーeスポーツも
展示予定の詳細はイベントページをご参照ください。
 
ファミリeフェス イベントページ https://family-efes.com/
 
ゲーミング製品のみならず、目や身体/メンタルなど幅広いジャンルの関連商材・サービスをお持ちの企業様にPRの場としてご活用いただければと思います。
メインスポンサーにQTnetが決定!地元福岡を盛り上げたいという企業様からの参加もお待ちしております。
 
広告パートナー33,000円~参加可能です。
ご興味ある企業様はFeRCまでお問い合わせください。
 
FeRCホームページお問い合わせフォーム
続きを読む