【ご協力のお願い】アンケートプロジェクト2021-001

2021.6.9

アンケート回答ご協力のお願い 

FeRCアンケートプロジェクトリーダー 杉本晃一(鍼灸師/九州医療専門学校鍼灸師科)

FeRC参画研究者の杉本晃一です。ゲーム・eスポーツを愛する方々に、アンケート回答のご協力を呼びかけております。

趣旨ご理解のうえ、お一人でも多くの方々のご協力をお願い申し上げます。

【目的】

今回のアンケートは、これから拡大していくであろうeスポーツ業界の中にあって、確実に課題となるであろうプレイヤーの健康状態に関わる部分に焦点を当てた  アンケートとなっております。
「ゲーム障害」などの言葉が出てきているように、小中学生など若い世代からの参入が多い業界であることを考えると、長時間プレイするプレイヤーだけでなく  一般的にゲームが身体に与える影響は気になるところだと思います。
そういった不安に対しての現状やその対処法をいろんな角度で掘り下げていくキッカケになる調査になると考えています。

【メッセージ】

鍼灸師としてeスポーツの世界を見た時に、すごい緊張感の中で試合に臨む姿や、昼夜問わず練習に明け暮れる姿を見て、これはリアルスポーツに匹敵するぐらい       身体的にも精神的にも負担のかかる過酷な世界だなぁと思いました。
そこに鍼灸師が関わることで選手達のパフォーマンスが向上したり、健康的にeスポーツを楽しむことができるのでは?と思ってます。

まずは皆さん自身の生活を振り返って、eスポーツをしている時の身体の声を聴いてアンケートに答えてみて下さい。 

皆様、なにとぞよろしくお願いします。

【アンケート対象】

◆日常的に週3日以上、1日の中で合計2時間以上ゲーム・eスポーツをしている方

◆上記に当てはまる方であれば、年齢・プロ・アマ チーム所属有無・ゲームタイトル・競技歴・大会出場経験などは問いません

【回答期間】

2021年627日(日)24:00まで

 

アンケートは全13問です(所要時間3分程度)

下記URLアンケートフォームからご回答くださいませ。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAdIG0zeslOw5yEbR9oiYmeomX5z05-fIMpfmFOQ7OXwv_1A/viewform

eスポーツの発展のためお一人でも多くの方のご回答をいただきたく存じます。みなさま、このアンケートの拡散にもご協力いただけましたら幸いです。

 

続きを読む

eスポーツと鍼灸

2020.12.3
杉本晃一先生(九州医療専門学校鍼灸師科)
あらたにFeRCに研究者参画されました杉本晃一先生(九州医療専門学校 鍼灸師科)が本日、大原学園福岡校eスポーツ部へお越しいただきました。
 
鍼灸治療体験のうえ、eスポーツプレーヤーに対する鍼灸治療と、疲労回復・コンディション等について解説頂きました。
eスポーツプレーヤーのコンディションや健康管理にも関心が高まるなか、鍼灸や指圧によるコンディションケアにも注目が集まっています。
杉本先生は、拡大するeスポーツ情勢にあって“eスポーツプレイヤーの持つ身体的愁訴はどのようなものがあるのか、それがパフォーマンスにどの程度影響を及ぼし、それらが鍼灸治療を行なうことでどう変化するのか”研究に取り組まれています。
鍼灸を初めて見た!という学生も多く、とても有意義な体験と知識をいただく時間となりました。このような繋がりはまさにeスポーツだからこそ!という想いを強くしました。
 
杉本先生、本日はありがとうございました!

FeRCはスポーツ心理・バイオメカニクス・脳科学など各分野研究者、視能訓練士、鍼灸師、IT企業、eスポーツ学科を擁する専門学校、スポーツスクール事業展開企業、医療機器企業など産学さまざまな分野の会員が集まる共同研究事業体です。
入会のお問い合わせ、ご相談などは下記入会案内ページからお問い合わせください。
続きを読む