石川県認知症フォーラム FeRC講演公開中

2021.9.29

「石川県認知症フォーラム」にてFeRCの講演が公開されました

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/ansin/ninchisho.html

(動画掲載期間:令和3年9月27日(月曜日) 10時 ~ 10月29日(金曜日) 17時)

『 eスポーツを科学する ~高齢者×eスポーツ×SDGsの可能性~ 

講師 : 福岡eスポーツリサーチコンソーシアム 

(作花 浩聡 会長/夏目 季代久 教授/磯貝 浩久 理事長/西薗 秀嗣 教授/神崎 保孝 臨床心理士)

内容:福岡県豊前市における高齢者とeスポーツに関する研究調査、高齢者とeスポーツの可能性や今後の展望など

(以下、石川県ホームページより)

高齢化社会の進展に伴い、認知症を発症する高齢者の増加が見込まれています。認知症になると認知機能の低下により出来ないことが増えることで、家に閉じこもるなど社会的に孤立しやすくなりますが、まわりの人のちょっとした心遣いで、普段の生活を長く続けることも可能です。

平成27年度から開催している本フォーラムでは、認知症研究や支援に携わる第一人者の方々から、認知症に関する医学的研究動向や県内外における支援の取り組みなどについて、また、認知症ご本人やご家族からご自身の体験談などをお話しいただいており、今回は、若年性認知症のご家族の介護経験や、高齢者とeスポーツに関する取り組みについての講演をいただくこととしています。

  本フォーラムを通じて、認知症に対する理解を深めるとともに、認知症にやさしい地域のつくり方を考えてみませんか。

視聴無料/申込不要 https://www.pref.ishikawa.lg.jp/ansin/ninchisho.html


講演後半の座談会もお勧めです。10月29日まで公開中!ぜひご視聴ください。

続きを読む

10月16日(土)第1回FeRCサイエンスセミナー開催/臨床心理士神崎保孝先生

2021.9.23

FeRCではeスポーツの健全な普及のため、関連する専門家のお話をお届けする【FeRCサイエンスセミナー】を開催いたします。

 

主催/福岡eスポーツリサーチコンソーシアム(通称フェルク FeRC)

参加チケット購入はこちら https://ferc-seminar01.peatix.com

2021年10月16日(土)20:00~21:00

『不登校とゲームの臨床心理~「症例K」の心理分析~』

【講師】

臨床心理士/神崎 保孝
 ・福岡eスポーツリサーチコンソーシアム(FeRC)リサーチ委員
 ・東京大学大学院医学系研究科

【講師略歴】

東京オリンピック日本代表選手メンタルアドバイザー、教育庁教職員研修講師、教育委員会スーパーバイザー、総合病院アドバイザー・カウンセリング専門外来、商工会議所アドバイザー、民事訴訟事件裁判鑑定人、北九州市政策研究ネットワーク顧問などを歴任。教育講演の記念講演者を務めた全国会議では教職員・保護者500名が参集した。
ゲームにも造詣が深く、日本初のeスポーツチームメンタルアドバイザーとして顧問契約しているほか、「ゲーム症/障害(通称:ゲーム依存)」が新設されたWHO国際診断基準の改訂プロジェクトに参加協力。学生時代には大手ゲーム会社プロデューサーからの招聘で企画開発に参画した経歴を持つ。

【参考】

神崎保孝氏FeRCインタビュー記事(3部)「eスポーツとゲームの健全かつ健康的な活用」  

【主な対象】

どなたでも申し込み可能です。

 ▽不登校ケースへの対応・支援に当たられる教育関係者の方
 ▽「ゲーム症/障害(通称:ゲーム依存)」がご心配な保護者・ご家族
 ▽ゲーム/eスポーツに関わる方
 ▽子どもの医療に関わる方

に特に視聴をお勧めします。

小学生~高校生くらいまでのお子様をもつ保護者の方々にとって、ゲームとお子様との付き合い方はとても関心の高いテーマ。
「ゲーム障害」といったワードも気になるところです。
日本初、心理学とeスポーツの二刀流」として知られる神崎保孝氏は、
ゲームに造詣が深くeスポーツチームのメンタルアドバイザーも務め、そのお話は多くの教育関係者も関心を寄せています。

【参加費】
一般 1,000円(1か月間アーカイブ視聴付き)
    ※アーカイブ視聴可能期間 10月16日 21:00~11月15日23:00まで

【申込受付期間】
2021年10月15日(木)23時00分まで

参加チケット購入はこちら https://ferc-seminar01.peatix.com

 

【視聴方法に関して】
1)ご購入後された方はPeatixに「イベントに参加」ボタンが表示されます。「イベントに参加」ボタンは当日開始10分前から有効になります。
2)以下の注意事項のご確認をお願いいたします。
・セミナー中の録音、録画は禁止とさせていただきます。
・チケット購入者以外への視聴用URL共有は禁止とさせていただきます。
・ネット環境によってはうまく視聴ができない可能性があります。 事前にネット環境をお確かめのうえご参加ください。

【キャンセルポリシー】
チケット販売期間を過ぎてからのキャンセルは承っておりません。
詳しくはヘルプページをご確認ください(主催者の都合による中止の場合を除く)。

【問い合わせ】
何かご質問等ございましたら、Peatix HP内の[主催者へ連絡]からご連絡をお願いいたします。
※時間帯によっては返信にお時間を頂戴する場合もございます。予めご了承ください。

参加チケット購入はこちら https://ferc-seminar01.peatix.com

〇FeRC ホームページ https://www.ferc.jp/
〇FeRC Facebook https://www.facebook.com/FeRCesports
〇FeRC Instagram https://www.instagram.com/fuk_erc/?hl=ja
〇FeRC Twitter  https://twitter.com/Fukuoka_eRC?s=20

主催/福岡eスポーツリサーチコンソーシアム

運営/一般社団法人みるみるプロジェクト

続きを読む

基調講演~日本デジタルゲーム学会報告

2021.9.12

2021.09.12 日本デジタルゲーム学会2021夏季研究発表大会にて基調講演させていただきました。

モデレーター/森田泰暢先生 講演/作花浩聡会長/磯貝浩久理事長
117:00~基調講演2にお招きいただき、FeRCの設立趣旨/3つの研究カテゴリ/会員限定セミナー/顧問コラム配信/これまでの研究内容や取り組みなどお話しさせていただきました。豊前市との高齢者対象連携研究についてもご紹介しました。
左から)森田泰暢先生、作花浩聡会長、磯貝浩久理事長
福岡大学からzoomによる配信
研究内容について紹介する磯貝理事長

デジタルゲーム学会の先生方と
〜eスポーツを科学する〜スポーツ科学・脳情報工学・産学連携研究・臨床心理士・視能訓練士・鍼灸師・作業療法士・IT企業・眼科医療関係企業・専門学校など多彩な領域からの参画があることがFeRCの面白さです💻🧑‍🤝‍🧑
デジタルゲーム学会の先生方からは連携した研究のお申し出をいただくなどありがたいお声やコメントをいただきました。
一番左)古門良亮先生(西日本工業大学)
このような機会をいただきました日本デジタルゲーム学会の皆様、会場となった福岡大学商学部の先生方、いつもFeRC活動に多大なご尽力とアドバイスをくださる森田泰暢先生、深く感謝申し上げます。
DiGRAJ、FeRCなど幅広く活躍されている森田泰暢先生
◇日本デジタルゲーム学会 https://digrajapan.org/

日本デジタルゲーム学会(DiGRAJ)の第10回年次大会では、FeRCによる第一弾研究「e スポーツプレイヤーのパフォーマンスと関連する認知要因の実験的検討」の発表が予定されていました。 残念ながらコロナ禍により大会自体は中止になりました。
予稿集218ページ~に予稿があります digrajapan.org/conf10th/
 
 
 
 
 
 
 
続きを読む

日本デジタルゲーム学会にて基調講演決定!

2021.9.7

《日本デジタルゲーム学会 2021夏季研究発表大会》開催

 
日時:2021年9月12日(日)
場所:福岡大学(七隈キャンパス)
※ハイフレックス型(対面、オンライン共に同様の内容で実施すること)での開催予定です。
参加費:
会 員:一般・発表者※ 3000円、一般・参加のみ 2000円、学生1000円
非会員:一般・発表者※ 4000円、一般・参加のみ 3000円、学生1000円
※「発表者」料金は第一発表者にのみ適用になります。学生は第一発表者も学生料金を適用します。
※ 参加費を口座振込で払う場合は2021年9月6日までにお支払いください。クレジット決済の場合も9月10日までにお支払いをお願いいたします。

FeRC基調講演決定!

この日本デジタルゲーム学会2021下記研究発表大会の「基調講演2」にて

FeRCの磯貝浩久理事長/作花浩聡会長/森田泰暢CDOが登壇します

公開講演会(オンライン)
開催日時:9月12日(日)17-18時
応募締め切りは、9月10日(金)23時45分です。
お時間のある方は、ご参加ください!!

-論題–
eスポーツを科学する-福岡eスポーツリサーチコンソーシアムの取り組み-
–登壇者–
磯貝浩久教授

(九州産業大学人間科学部教授/福岡eスポーツリサーチコンソーシアム(FeRC)理事長)
作花浩聡 会長

(福岡eスポーツリサーチコンソーシアム(FeRC))
森田泰暢 先生

(福岡大学商学部准教授/福岡大学クリエイティブ・マネジメント・プログラム運営委員/福岡eスポーツリサーチコンソーシアム(FeRC)コミュニティデザインオフィサー)

–日時–
2021年9月12日(日)17-18時
–応募締め切り–
2021年9月10日(金)23時45分

–ミーティング情報–
ミーティング情報はフォームに回答いただいたメールアドレスにお送りいたします。
申込詳細はこちらから
https://digrajapan.org/?p=8672

続きを読む

デジタル領域の学術論文サイト「Journal of Digital Life(ジャーナル・オブ・デジタル・ライフ)」創刊

2021.9.3

2021年9月1日株式会社産経デジタルにより、デジタル領域専門の学術論文サイト「Journal of Digital Life(URL:https://journal-digitallife.com/)」が創刊されました。

編集委員長にFeRC理事長磯貝浩久教授(九州産業大学人間科学部スポーツ健康科学科)、編集委員にFeRC運営委員夏目季代久教授(九州工業大学生命体工学研究科人間知能システム工学専攻)が参画しています。

磯貝浩久教授(FeRC理事長)
夏目季代久教授(FeRC運営委員)

株式会社産経デジタルのプレスリリースはこちら

【プレスリリースより】

デジタル技術の進化は人々の日常生活を大きく左右するまでとなり、デジタル領域の研究需要は日増しに増大しています。一方で、デジタル領域専門の論文発表の場は世界的にも限られているのが現状です。研究者の情報収集の効率化など、デジタル領域の研究発展を促進するには、新たなプラットフォームが必要となっています。そこで産経デジタルは、日本ユニシス株式会社(東京都江東区、代表取締役社長 CEO・CHO:平岡 昭良)およびデジタル領域で精力的に研究活動を進める研究者の協力を得て、デジタル領域の学術論文を集約したオンラインジャーナル「Journal of Digital Life」を創刊、9月1日に公開いたしました。
「Journal of Digital Life」はライフサイエンス、医学、工学、人文科学、社会科学など、様々な学問分野からアプローチしたデジタル領域の学術論文を集約したプラットフォームです。掲載される論文は以下の3種類に分かれます。

  • 新たな事実や知見について論証した「Article(アーティクル)」
  • 未完の研究ながらも新たな事実や価値あるデータなど、科学技術上の新知見を著した「Technical Article(テクニカル・アーティクル)」
  • 企業名義の研究レポートや論文を英訳した「Secondary Publication(セカンダリー・パブリケーション)」

日本発の国際オンラインジャーナルとして世界に認められるジャーナルへ
「Journal of Digital Life」は日本発の国際オンラインジャーナル。海外からの投稿も受け付け、掲載されるウェブサイトおよび学術論文はすべて英語表記としている。論文の審査にあたる編集委員会は国内外の有識者で構成され、今後もアジア圏をはじめ、世界各国の研究者が編集委員に参画予定という。

今後はデジタル領域の研究促進を加速するために、研究論文の情報提供、カンファレンスの開催、産学官連携の推進などを通じ、デジタル領域における新たな知見に興味を持つ企業と研究者の橋渡しの役割も果たしていくとのこと。

順天堂大学スポーツ健康医科学推進機構 機構長、順天堂大学スポーツ健康科学部 副学部長・教授 鈴木大地氏「Journal of Digital Life創刊に寄せて」(一部抜粋)

※全文は以下に掲載 URL:https://journal-digitallife.com/ 

 まずは、国際学術誌「Journal of Digital Life」の創刊にあたり心からお祝いを申し上げるとともに、ご尽力されました関係者の皆さまに敬意を表します。

 さて、COVID-19の世界的なパンデミックにより人々の生活は一変しました。東京オリンピック・パラリンピックも1年の延期を余儀なくされましたが、残念ながら待ちに待った大会は多くの会場で無観客開催となりました。しかし、競技会場では選手が自国にいる家族や友人とモニター越しに会話するシーンが印象的でしたし、観戦する世界中の人々はインターネットを通じて大会の詳しい情報を得ることはもちろん、スマートフォンやパソコンを持って自由な場所で、高画質なライブ映像を見ることが当たり前の光景と​​なりました。プロスポーツにおいても、試合会場のスクリーンを通じてファンが選手にメッセージを届けることができたり、両者がオンラインで交流するイベントも行われたりしていますが、そうしたリモートならではの双方向のコミュニケーションも急速に増えてきている印象です。

 また、外出自粛が原因で運動不足となる健康二次被害も心配されていますが、リモートによるスポーツ教室が導入されたり、人気のあるトレーニング映像を見ながら自宅で汗を流したりというスタイルも一般的になりました。スポーツを取り巻く生活様式も大きく変化してきると思います。
 これらの社会変革の中心にあるのは、間違いなく「デジタル」技術の進化と、それに合わせて起きた人々の意識の進化だと思います。スポーツ庁でも、数年前から「スポーツ・オープン・イノベーション」を掲げてきましたが、その中心ももちろんデジタルでした。そして、近年の学術界ではDigital Medicine、Digital Healthというキーワードがトレンドになっていると聞いています。心身の健康維持の基本は、やはりスポーツ(運動)、食事、睡眠などの生活の管理だと思いますが、そのためにはもはやデジタルの力が欠かせません。
 つまり、この分野でのますますの技術の進歩が、「人々の健康増進に直接寄与する」時代になっていると感じています。その結果、平均寿命と健康寿命の差が縮まり、健康長寿社会の実現に寄与するだけでなく、高騰を続ける国民医療費の抑制にも貢献できます。新しい世代の学術誌である「Journal of Digital Life」には、そのような期待も込めたいと思います。

【磯貝浩久教授(編集委員長)コメント】

私も編集委員長として関わりますが、鈴木元スポーツ庁長官のメッセージを励みに頑張りたいと思います。デジタル社会の様々な課題に対して、スポーツ科学、工学、医学、社会科学等の知見が集約されますので、興味ある皆様の投稿をお待ちしています!

続きを読む