豊前市で後藤市長と対戦!eスポーツ体験会開催②

2020.12.17

豊前市後藤市長と対戦!ミニ体験会レポ②

福岡県豊前市内の「ケアポートぶぜん」にて2020年12月、後藤市長とeスポーツで対戦する体験会を行いました。現場レポ②です!

福岡県豊前市との「eスポーツ生きがい研究事業に関する協定」に基づき、10月より実施した実地調査の今年度分が終了したことをうけ、2か月弱に渡りeスポーツを体験してきた高齢者市民の方々と後藤市長が対戦してみよう!というミニ企画として開催しました。

男性に人気のグランツーリスモ

eスポーツ全くの初体験でぷよぷよ対決に勝利の後藤市長、次はグランツーリスモのタイム対決に挑戦です。

グランツーリスモはソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売されているゲームソフトですが、【レースゲーム】ではなく精密なドライビングシミュレーターです。実車の世界を限りなく再現しており、プロのレーシングドライバーも唸る精密な再現性が高い評価を受けています。

男性のほとんどは若い頃から長年運転したきた!という自信があるせいか、グランツーリスモならやろうかな?とおっしゃって下さる方は本当に多いんです。後藤市長もその一人で、「これならeスポーツ初めての私でも簡単かな」と思ったそうです。

走行開始!

もはや説明要らず!という雰囲気のなかで走行開始!まずは90歳近い男性が走行、さすがこの5週間プレイして来られただけあって、しっかりとした走行でした。

続いて”オートポリスなどで実走行しているんです”とおっしゃる男性猛者が登場!驚異のタイムが出ました!この走行を見ていた後藤市長、逆に「簡単そうだ」と思ってしまったそうで…

簡単そうだ!と思われた後藤市長、わー!という間にスピン!”見ているのと全然違うんですね!”と興奮気味のドライビングとなりました。さすがの走りでベストタイムを出したオートポリス走行が趣味という男性が優勝しました。


eスポーツと高齢者

短い時間で小規模のミニイベントでしたが、たいへん盛り上がりました。ご協力いただきました利用者様も「楽しかった、ほどよく緊張しながら集中できますね」と素敵な笑顔でした。

高齢者は「社会とのつながり」(親しい人との支援のやりとりや交流、地域への参加や就労)が多様であるほど、認知症の発症リスクが低下し、最大で46%低下するという研究結果があります※国立長寿医療研究センター

eスポーツは対戦(オンライン、オフライン)を前提とする競技です。このような高齢者を対象としたeスポーツ対戦会は各地域で徐々に始まっており、作業療法士によるリハビリ分野での活用も活発化しています。高齢者の皆さんに笑顔溢れるシーンがもっと増える社会を、と想起する嬉しい時間でした。(文責:事務局鈴木)

続きを読む

豊前市で後藤市長と対戦!eスポーツ体験会開催①

2020.12.15

豊前市後藤市長と対戦!ミニ体験会レポ①

福岡県豊前市内の「ケアポートぶぜん」にて2020年12月、後藤市長とeスポーツで対戦する体験会を行いました。

福岡県豊前市との「eスポーツ生きがい研究事業に関する協定」に基づき、10月より実施した実地調査の今年度分が終了したことをうけ、2か月弱に渡りeスポーツを体験してきた高齢者市民の方々と後藤市長が対戦してみよう!というミニ企画として開催しました。

後藤市長“できるかなぁ”

豊前市における高齢者eスポーツ調査の場となった「ケアポートぶぜん」に、豊前市後藤元秀市長にお越しいただきました。後藤市長はeスポーツを自らやるのは全くの初めて、ゲームコントローラーを握るのも初めて!だそうです!

私にできるかなぁ?と不安そうに利用者さんを見守る後藤市長

すでに数名の利用者さんがぷよぷよ対戦中。この実地調査のため5週間にわたり、週2回eスポーツに親しんで来られた方々です。初心者の後藤市長ですが手ほどきをお伝えする時間もなくすぐ対戦突入!(笑)市長には何とも酷な状況、なはずでしたが…

後藤市長、見ていただけでほとんどレクチャーする時間もなく対戦へ

なんと?後藤市長の勝ちっ!!

あれれ!初めてのプレイなはずなんですが…どうもプレイしながらめきめき理解されたようで…結果…後藤市長が2戦連続勝利!これには会場見学の方々、取材の新聞記者さんたちにもどよめきが!まさかの展開に大いに盛り上がりました!

思わず飛び上がる驚き

短い時間で小規模のミニイベントでしたが、たいへん盛り上がりました。ご協力いただきました利用者様も「楽しかった、ほどよく緊張しながら集中できますね」と素敵な笑顔でした。高齢者・eスポーツ・生きがい・認知症予防・社会性・コミュニケーション…様々なキーワードが頭をよぎる時間でした。

さて次はグランツーリスモ…②に続きます!

続きを読む

豊前市高齢者研究 実地リポート②

2020.10.10

豊前市高齢者研究リポート②研究チーム調査中!

福岡県豊前市とのeスポーツいきがい研究事業協定に基づき、研究チームによる実地リサーチが同市内「ケアポートぶぜん」にて2020年10月6日スタート。九州工業大学・九州産業大学を中心とする研究チームにより11月末まで実地調査が行われ、データ分析を経て2021年1月以降、報告されます。

eスポーツ×〇〇〇、といった形で何かのキーワードと掛け合わせたeスポーツ発展が注目されています。教育・地域活性化・障がい者支援・リアルスポーツ融合などが注目される中、【高齢者認知症予防】【高齢者生きがい増進】といった超高齢化社会に立ち向かうキーワードも大切です。

eスポーツをする前の「プレ調査」実施中の研究チームを取材しました。

写真右から)堤氏、夏目教授、西薗教授
写真右から)西薗教授、溝上氏、磯貝教授

研究チームメンバーコメント ※プレ調査後

 

●堤喜彬氏(九州工業大学大学院生命体工学研究科、大学院生)

「eスポーツする前の調査をしたところですが、ご高齢者皆さんの記憶力が創造よりも高く驚きました。」

●夏目季代久教授(九州工業大学大学院生命体工学研究科、研究統括)

「皆さんとても協力的で、eスポーツに対してもたいへん興味を持って下さっているので、前向きな効果が出ると良いなと思っています」

●西薗秀嗣教授(九州産業大学人間科学部スポーツ健康科学科、FeRCリサーチ部会委員)

「開眼片足立ちと握力の測定をしましたが、皆さん素晴らしい能力で驚きました。eスポーツがこれらに何か影響があるか興味深い」

●溝上雅彦氏(特定非営利活動法人健康な社会をつくる会理事長、FeRCリサーチ部会委員)

「慣れない事ばかりでたいへんだったと思いますが皆さん協力的で嬉しく思いました」

●磯貝浩久教授(九州産業大学人間科学部スポーツ健康科学科、FeRC理事長)

「後藤市長にも視察に来て頂き、調査対象の方々にもたいへん協力頂きました。ポスト調査も楽しみにしています」

●斉藤嘉子氏(一般社団法人行動評価システム研究所、FeRC事務局)

「皆さん理解力がとても高く、調査もスムーズでした。感謝致します」


豊前市とのeスポーツ生きがい研究事業の詳細はプレスリリースをご覧ください

https://www.ferc.jp/news/buz20201001/

研究概要については研究チーム プレスリリースをご参照ください

https://www.ferc.jp/news/tyo20201001/

続きを読む

豊前市高齢者研究 実地リポート①

2020.10.7

豊前市高齢者研究リポート①10月6日開始しました!

豊前市とのeスポーツいきがい研究事業協定に基づき、研究チームによる実地リサーチが同市内「ケアポートぶぜん」にて2020年10月6日、スタートしました!

協賛:大塚製薬株式会社

その模様を紹介リポートします!

多くの市民の方々のご参加が

この研究に多くのご高齢者がお集まりくださり、研究チームから調査目的や内容を説明、ご承諾いただきました。

調査研究の目的・内容について説明中の夏目季代久教授(九州工業大学)
説明にあたる磯貝浩久教授(九州産業大学)

後藤元秀市長も視察に

豊前市の後藤元秀市長も視察にご来所頂き、ご挨拶頂きました。豊前市はたいへん長寿の方々が多い地域で、市民の皆様ますますの健康寿命延伸のため積極的に調査研究に取り組んでいきたい旨をお話し頂きました。後藤市長はeスポーツの情報もよく把握されており理解の深い首長です。

挨拶される後藤元秀 豊前市長
後藤元秀 豊前市長

実地調査の模様

実地調査は11月末まで行われます。研究概要や研究チームメンバーはプレスリリースをご覧ください。

実地調査の模様は引き続きリポート致します、ご期待ください。

続きを読む

九州工業大学・九州産業大学を中心とした研究チーム10月6日~調査開始

2020.10.1

九州工業大学・九州産業大学を中心とした研究チームが10月6日より調査開始

【eスポーツいきがい研究事業に関する協定書】に基づき豊前市の全面協力のもと、FeRCに参画している九州工業大学・九州産業大学を中心とした研究チームが、eスポーツいきがい研究事業最初の調査研究を開始します。2020年10月6日より約2か月半にわたり、豊前市高齢者を対象としたeスポーツのいきがい・認知症予防などの調査研究が行われます。

■高齢者のeスポーツによる認知症予防・認知機能向上

eスポーツはビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉えたもので、国内でも急速に普及が広がりプロ選手も増えています。トップ選手を輩出する若い世代以外にも、障がい者や高齢者といったリアルスポーツに敷居の高い方々への普及が見込まれています。世界で最も超高齢化の進む日本においては、特に脳の活性化などによる認知機能の向上認知症予防いきがいの増進といった効果が期待されており、医療費抑制・健康寿命延伸への寄与を視野に、調査研究が待たれます。

■研究概要

≪研究チーム≫

夏目季代久教授(九州工業大学大学院生命体工学研究科、FeRCリサーチ部会委員)

磯貝浩久教授(九州産業大学人間科学部スポーツ健康科学科、FeRC理事長)

西薗秀嗣教授(九州産業大学人間科学部スポーツ健康科学科、FeRCリサーチ部会委員)

阪田俊輔助教(九州産業大学健康スポーツ科学センター、FeRCリサーチ部会委員)

本山清喬助教(九州産業大学健康スポーツ科学センター、FeRCリサーチ部会委員)

溝上雅彦(特定非営利活動法人健康な社会をつくる会理事長、FeRCリサーチ部会委員)

斉藤嘉子(一般社団法人行動評価システム研究所、FeRC事務局)

堤喜彬(九州工業大学大学院生命体工学研究科、大学院生)

安部恵梨菜(九州工業大学情報工学部、学部生)

神崎保孝(臨床心理士、ニワカゲームスアドバイザー、FeRCリサーチ部会委員)

≪協賛≫

大塚製薬株式会社、ニワカソフト株式会社、フィットネスクラブWell-Being

≪後援≫

豊前市

≪研究課題≫

eスポーツ実施を通した地域高齢者の認知症予防

≪概要≫

・「ケアポートぶぜん」にて豊前市65歳以上高齢者約40名を対象とする

・週2回のプログラム(ぷよぷよ・グランツーリスモ)を実施、実施群と対象群に分け調査

・認知症検査、脳波・脳血流量測定・いきがい度評価、健康度診断検査等を研究前後で実施

・研究成果は、学会発表及び学術雑誌投稿など学術的な公表を予定

≪スケジュール≫

・実地調査 2020年10月6日~11月下旬

・データ解析 12月中

・結果公表 12月~1月を予定

続きを読む